ガス透過度の温度依存性

レトルト食品は120℃~130℃の蒸気や熱水で殺菌されるそうです。
そうしたレトルト食品の場合は、レトルト中の酸素ガスや水蒸気の透過がとても問題になるかと思います。
このような場合は、アルミ箔をガスバリア材として使用しているそうです。
酸素や水蒸気を吸収する包装材料を使用するなどの対策をしなければならないそうです。
PVAやEVOHなどの水酸基を含む高分子となると、乾燥状態では非常にガスバリア性が良好だそうです。
ただし、これらは湿度の影響をとても受けやすいそうで、高湿状態だとガスバリア性が低下してしまうそうです。
これは水分子が水酸基と水素結合を形成して、高分子が過塑化されるためと考えられるからだそうです。
湿度依存性を低下させるために、フィルム面での水蒸気の分圧を低下させるのが効果的だそうです。
一般に透湿度の低いポリオレフィンを積層したりすることもあるそうです。
PVDCあるいはシリカやアルミナなどの無機酸化物のコーティングを行ったりする方法も採るそうです。
バリア性は高分子の種類によって大きく異なるそうです。
バリア性を付与する最も一般的な方法としては、バリア性樹脂材料を使用することだそうです。
バリア性樹脂単体で容器にされる場合もあるのですが、一般的には他の樹脂材料と多層化が行われているようです。
またもう一つの方法として、高分子表面を改質してバリア性を付与する方法があるそうです。
プラスチックの包装の形態としては、フィルム包装、シート成型容器、射出成形容器、ブロー成形容器があるそうです。
これらの多くは多層構造で作られているそうです。
多層化の技法は、包装形態によって多少の違いはあるそうですが技法の原理は同一といっていいようです。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です