包装容器の主な形態について

包装容器にはいろいろな種類がありますが、容器と呼ばれるものにも何種類かあります。

プリスター包装というのは、プラスチックシートを加熱成形して1個または複数個のくぼみを作って、その中に物品を入れて、開口部を紙、板紙、プラスチックフィルムまたはシート、アルミ箔などで覆って、周辺部を基材に接着した包装だそうです。

玩具、文房具、乾電池、注射針、飴などにつかうそうです。

フィルム包装にはスキンパック包装というのがあるそうです。

通気口を持った紙、板紙、プラスチックフィルムなどのベースシールの上に物品を置いて、その上にプラスチックフィルムをかぶせて、加熱しつつベースシートを通して減圧脱気するそうです。こうするとプラスチックフィルムを物品に強く密着させることができ、周辺部を固定した包装になるとのことです。

輸出用玩具や洋食器、文房具、雑貨などに使うそうです。

ストレッチ包装は、物品を1個または複数個まとめてその周囲を引っ張りながらストレッチフィルムで覆い包む包装方法だそうです。接着はフィルムの事故接着性を利用するそうです。補助的に低音ヒーターを使用しているそうです。

生鮮食品や果実などに用いられるそうです。

スリーブ包装というのは、1個または複数この物品を段ボール、板紙、プラスチックフィルムなどで覆い包んだ包装方法だそうです。

繊維、フィルム、電線、タイヤなどがあるそうです。

シュリンク包装というのは、物品を1個または複数個まとめてシュリンクフィルムで覆って、加熱収縮させるそうです。物品を強く固定保持する包装方法になるそうです。 ボトルのラベルやキャップ、カセットテープ、カップラーメン、繊維、家庭用品に使われるそうです。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です